小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関して、各閣僚から19日の閣議後の記者会見で発言が相次いだ。
 千葉景子法相は、検察との対決を宣言した小沢氏に鳩山由紀夫首相が「闘ってください」と伝えたことについて、「(東京地検の)捜査は法令に基づいて公平公正に執行されていると思う。その発言が圧力になったということにならない」と、影響がないことを強調。野党が指揮権発動もあるのではないかと懸念を示していることに対しては、「行使するかしないかはコメントすべきでない」と述べるにとどめた。
 前原誠司国土交通相は、小沢氏が東京地検特捜部の事情聴取に応じる方針を固めたことについて、「大変結構なことだ」と評価した。
 これまでの小沢氏の説明に関して、長妻昭厚生労働相は「捜査中ということもあり、説明の中身は限界がある」と理解を示した。一方、小沢鋭仁環境相は「本人としてはかなり踏み込んだ発言をしたのだろうが、まだ国民の聞きたいこともあるのだろう」と、なお説明を尽くすよう求めた。
 中井洽国家公安委員長は「(小沢氏の胸中には)ここまでやってきて、一番大事な時にという悔しさ、いろんなことが混ぜ合わされているのだろう」と指摘。さらに「特捜も説明責任がある。何の事件なんだろうと。よく分からない」と語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

足利事件再審で再生された録音内容の抜粋1(読売新聞)
「将来に不安…」妻と長男殺害の67歳逮捕(読売新聞)
首相動静(1月19日)(時事通信)
車内に2人組の男、カーナビ奪い逃走 大阪・岸和田(産経新聞)
自民千葉県連、猪口元少子化担当相を参院選に擁立へ(産経新聞)
[PR]
# by okzqbcj3kw | 2010-01-25 17:41
 愛知県の豊橋市歯科医師会(朽名正也会長)は19日、厚生労働省で記者会見し、同市内の歯科クリニックが治療に失敗して抜けたインプラント(人工歯根)を他の患者に使い回していると発表した。

 インプラント治療とは、あごの骨にネジのような形のインプラントを埋め込み、それを土台にして上部に人工の歯をつくる治療。同医師会によると、同クリニックでは患者に埋めたインプラントが骨に定着せずに抜けるなどした場合、滅菌して保管し、他の患者に使い回していたという。

 同クリニックに勤務していた歯科助手が昨年11月、使い回しのために院内に保管されていたインプラントを同医師会に持ち込み、専門家に鑑定を依頼。その結果、ヒトの組織が付着していることが確認されたという。

 厚労省によると、インプラントの使い回しは、医療器具などの適正な使用を医療関係者に義務づける医療法違反にあたるという。同クリニックの弁護士は「内容を把握していないのでコメントできない」としている。

 同医師会は今後、厚労省や保健所などに真相究明を働きかけるほか、患者らとともに刑事告発も検討していくという。

【関連記事】
【海外こぼれ話】 のどに器具落とした歯科医、訴えられる
歯科にも広がるセカンドオピニオン
神奈川歯科大の投資詐欺事件 損失額89億円
あごのズレ 無意識に歯を食いしばりすぎて様々な症状が
「薬価部分」の下げ幅1.4%の見通し 来年度診療報酬改定

不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市(医療介護CBニュース)
小沢幹事長 「自らの信念通す」 党大会でのあいさつ(毎日新聞)
民主党、党大会で参院選1次公認候補の発表を見送り(産経新聞)
小沢幹事長、2回目の衆院本会議には出席(産経新聞)
9階から高1男子転落死=那覇(時事通信)
[PR]
# by okzqbcj3kw | 2010-01-24 03:22
 19日午後0時15分ごろ、大阪府岸和田市作才町のJR阪和線で、遮断棒が上がったままの東岸和田北二踏切を上下計2本の列車が通過した。反対側の遮断棒は下りており、けが人や列車運行への影響はなかった。

 JR西日本によると、遮断棒が上がったままだったのは約1分間。上がった状態の遮断棒の下側と地面の数センチのすき間に何らかの理由で石などがはさまった可能性があるという。通行人の男性が発見してJR西に通報し、約1時間後に係員が現場に行った時には通常に戻っていたという。【広沢まゆみ】

【関連ニュース】
踏切事故:快速電車に車衝突 女性死亡 奈良
天六阪急ビル:また一つ、寂しさ 駅ビルのモデル、解体へ−−大阪
鉄道事故:車椅子の男性、はねられ死亡−−堺の阪和線踏切
特集:平城満開1300年の宴
鉄道事故:回送電車に接触、20代男性が死亡−−神戸の阪神

<自民>外国人地方選挙権付与 反対活動強化へ(毎日新聞)
<携帯ストラップ>回天・桜花の販売中止 ネットに批判続出(毎日新聞)
「魚秀」が所得隠し1.2億円 ウナギ産地偽装の工作費(産経新聞)
<陸山会土地取引>「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
鳩山政権最大の危機、「小沢幹事長辞任を」の声(読売新聞)
[PR]
# by okzqbcj3kw | 2010-01-23 07:42
 可燃ごみを今後5年間で50%減量する目標を立てている東京都立川市は、ごみを焼却せずに炭素化して再資源化する装置を2月から試験導入する。都内の産業機械メーカーが開発した装置で、二酸化炭素(CO2)やダイオキシン、ばいじんがほとんど発生せず煙突もいらないという。自治体では全国初の導入となる。

 この装置は、電気炉に窒素ガスを充填(じゅうてん)して温度を徐々に上げ、水分や塩素、有機物を熱分解するもので、文京区の産業機械メーカー「EEN」が平成16年に開発した。

 同市環境下水道部によると、可燃ごみに含まれる金属類は酸化せずそのままの形で残り、プラスチック類はA重油相当の油に、その他は炭素となり、それぞれ土壌改良材やエコ燃料などに再利用できるという。

 同市は2月初旬にも、年間約2500トン排出される廃プラスチックの一部を埼玉県入間市にあるEENの工場内にある処理装置で処理し、組成分析などをして、処理工程などに問題がないかどうかチェックする。5月末までに分析結果をまとめ、本格導入する方針だ。

 同市の1人1日当たりの可燃ごみ排出量は709グラム(平成19年度)で多摩地区26市中で最多。さらに、同市若葉町にある清掃工場が老朽化し、昨年末までに移転させる方針だったが、適地が見つからず計画が頓挫した経緯がある。工場周辺の住民には依然、移転を求める声が強いという。

 こうした背景から新装置導入への期待は非常に大きく、同市環境下水道部の担当者は「焼却炉の負担軽減につながり、効率化を図れる上、環境にも優しい。将来的には生ごみなどに処理対象を広げたい。ごみ減量の起爆剤になればいい」と話している。

稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点−名護市長選(時事通信)
「ガス検査です」独居女性宅上がり込み窃盗 警視庁が容疑の男を逮捕(産経新聞)
“大地震起きる”うわさの余波…防災意識、一気に高まる!?(産経新聞)
09年外国人入国者17%減=不況、円高、新型インフル原因−法務省(時事通信)
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」(産経新聞)
[PR]
# by okzqbcj3kw | 2010-01-22 11:56