<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

【秋葉原17人殺傷 第2回】(3)

 《犯行当時の現場を写した防犯カメラのビデオテープについて、証拠調べが行われる。加藤智大(ともひろ)被告(27)は、背中を丸めて、じっと座っている》

 検察官「甲5号証は、ビデオテープです。被害者が写っているので、モニターはオフにさせていただきます。合計約30分ですが、(平成20年6月8日午後)12時18分30秒ごろから、12時21分ちょうどごろまでの、2分30秒間を再生します。特に、12時18分44秒と、12時20分57秒に注目してください…」

 《テープには、犯行現場の交差点近くの家電量販店ソフマップに備えられていた防犯カメラの映像が収められている》

 検察官「今ちょうど、12時18分30秒からスタートしますので、12時18分44秒ごろに注目してください…」

 《村山浩昭裁判長ら3人の裁判官の前に1台ずつ、検察官席と弁護人席にも1台ずつ置かれたモニターで、ビデオが再生されている。傍聴席から映像は見えない》

 検察官「…えーと、続いて、しばらく早送りします。12時20分57秒ごろに注目してごらんください…。今、12時20分57秒ごろですので、注目してください」

 《検察官は何度も時間に言及し、注意を促している》

 検察官「…しばらく早送りします…今、12時27分52秒でいったんストップします。この後の画像をごらんください。12時27分58秒ごろに注目してください…」

 《村山裁判長ら3人の裁判官は、あごに手を当てたり、みけんにしわを寄せたりしながら、モニターに見入っている。時間が気になるのか、検察官はビデオを操作しながら、何度も腕時計に目をやっている》

 検察官「今、12時33分1秒でいったんストップします。ここから約1分…12時33分8秒ころ、および、12時33分44秒ごろに、特に注目してごらんください…」

 《説明者とは別の検察官らも、唇を引き締めてモニターをのぞき込んでいる。重要な場面なのだろうか、村山裁判長らも、やや身を乗り出したように見えた。検察官は同じ部分をもう1回再生したようだ。その後、「では、5号証の取り調べは以上であります」と結んだ。加藤被告は、身じろぎもせず座ったままだ》

 《ここで検察官が、検察官席と弁護人席の後ろ側上方に備えつけられた大型モニターに、リモコンでスイッチを入れた。画面には「甲76 捜査報告書」の文字が映し出された》

 検察官「続いて甲76号証は、犯行現場の地番を特定した捜査報告書です…」

 《加藤被告がトラックで5人を死傷させた現場と、トラックを停車させた現場の厳密な「地番」が表示された。検察官は席に着き、別の検察官が立ち上がった。ここから犯行に使われたダガーナイフなど、凶器の説明に入る》

 検察官「ナイフの種類や、どこから発見されたのかなどを、簡単に説明いたします。ナイフは全部で5本あります。後ほど現物を提示します…」

 《押収されたナイフは、(1)ダガーナイフ(2)折りたたみ式ナイフ(3)ユーティリティーナイフ(4)ダイバーズナイフ(5)ユーティリティーナイフ−の計5本だ》

 《検察官は、それぞれについて刃体の長さや、押収状況を明らかにしていく。犯行に用いられた(1)のダガーナイフは12・3センチ。(2)の折りたたみナイフは9・1センチで、加藤被告のジャケット内から発見された》

 《(3)のユーティリティーナイフは11・5センチで、犯行現場の路上に落ちていた。(4)のダイバーズナイフは12・2センチ、(5)のユーティリティーナイフは11・6センチで、いずれもトラック内のリュックサックから押収された。検察官は早口で説明を終えた》

 検察官「それでは、証拠品を示します」

 《検察官が手元の風呂敷をさっと解くと、透明なケースが現れた。その中には、鞘が外され、刃が剥きだしになったダガーナイフ。犯行に用いられた凶器。法廷がざわめき始めた。一部の傍聴者が思わず、身を乗り出す》

 検察官「見えますか?」

 《加藤被告は軽くうなずいた》

 検察官「透明のケースに入っていますが、ケースは証拠品ではありませんので…」

 《検察官はケースを持って加藤被告に近づく》

 検察官「見覚えがありますね?」

 被告「はい」

 検察官「あなたが使用したナイフに間違いありませんね?」

 被告「はい」

 検察官「あなたの所有物ですね?」

 被告「はい」

 《加藤被告の声はほとんど聞き取れなかったが、3度目の問いかけにだけ「はい」とはっきり返事をした。背中を丸めた姿勢のまま。表情も淡々としており、特に感情の動きはうかがえなかった》

 =(4)に続く

【関連記事】
(2)「白っぽい上着の男に注目してください」再現される被告の行動 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(1)再現される事件当時の進行経路… モニター見つめる加藤被告 秋葉原殺傷第2回ライブ
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
弁護側冒頭陳述「彼にとって掲示板とは何なのか」 秋葉原殺傷初公判

規正法改正案、3月にも策定=今国会成立目指す−民主(時事通信)
<食べログ>「ゆとりを愉しむ至福のBAR」人気ブロガーがおすすめのバー120軒 9日発売(毎日新聞)
首相動静(2月4日)(時事通信)
悔い無き最期、迎えるために 求められる「死の予習」(産経新聞)
谷垣自民党総裁「小沢独裁と徹底的に対峙」 衆院代表質問スタート(産経新聞)
[PR]
by okzqbcj3kw | 2010-02-06 11:03
 鳩山由紀夫首相は30日午後、甲府市内で、宮島雅展同市長ら山梨県内の市町村長と懇談した。首長側は、公立学校の給食費の滞納分を、政府が2010年度の創設を目指す子ども手当から優先的に充当することができる仕組みをつくるよう要望。首相はこの後、記者団に「わたしの方からいま一度、(長妻昭厚生労働)大臣にどうなっているか聞いてみたい。進めていければと思う」と述べ、実態を把握した上で前向きに検討する考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜資金の出所隠す経理操作?〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜

京都女子大名誉教授 山川瑞明氏死去(産経新聞)
<引き写し>東京海洋大准教授らが論文に 学会掲載取り消し(毎日新聞)
JAL問題で検証チーム=民主(時事通信)
タレント池谷さんが当て逃げ被害=3週間のけが、停車中に−東京(時事通信)
<和辻哲郎文化賞>今橋理子さんと互盛央さんが受賞(毎日新聞)
[PR]
by okzqbcj3kw | 2010-02-05 14:17
 熊本県の蒲島郁夫知事は3日午前、熊本市内で開かれた自民党県議団の総会に出席し、球磨川に設けた水力発電専用の県営荒瀬ダム(熊本県八代市)を撤去すると正式に表明した。代替ダムを造らずに既存ダムを撤去するのは全国で初めて。

 総会は非公開。出席した県議らによると、知事は「2年後の撤去を前提に、今年3月末が期限の水利権を延長する」「撤去費用には国が創設する交付金を充てたい」との方針を伝えた。

 荒瀬ダムを巡っては、潮谷義子・前知事が2002年12月、老朽化などを理由に10年4月からの撤去を発表。しかし、蒲島知事は就任後の08年11月、撤去に約92億円が必要で、実質的な県の負担額は補修して事業継続するより約53億円も多くかかるとして存続を決定、撤去を求める球磨川漁協などが批判していた。

<メッセージ展>被害者遺品に受刑者も涙 東京・立川拘置所(毎日新聞)
携帯充電池マルチ、設置遅れは「第3世代携帯への対応」と説明(産経新聞)
<死傷事故>居酒屋に車突っ込み1人死亡、2人重体…横浜(毎日新聞)
「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所(医療介護CBニュース)
<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)
[PR]
by okzqbcj3kw | 2010-02-04 15:00
 自民党は2日、夏の参院選の鳥取選挙区に国際政治学者の浜田和幸氏(56)、大分選挙区に証券会社社員、小田原潔氏(45)をそれぞれ追加公認したと発表した。いずれも新人。これにより、自民党の選挙区公認候補は34人になった。

 鳥取選挙区では、公認が内定していた現職の田村耕太郎氏(46)が離党したため、鳥取県連で新たに選考を進めていた。

【関連記事】
公募の成果と誤算 自民、「若返り」か「分裂」か
70歳定年制に理解求める 対話集会で谷垣氏
自民執行部、山拓氏らに公認見送り伝える
片山氏には大島幹事長が伝える 参院公認見送り
自民・谷垣総裁が山崎、保岡、片山3氏の公認見送りを正式表明

鳩山首相、施政方針演説51分で「命」25回…進次郎氏「意味分からん」(スポーツ報知)
橋下知事「国防は国が判断するべき問題」(産経新聞)
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」−千葉県警(時事通信)
<鳩山首相>「心からおわび」小沢氏問題で初陳謝(毎日新聞)
創価学会の池田名誉会長が平和提言(産経新聞)
[PR]
by okzqbcj3kw | 2010-02-03 14:33
 民主党の高嶋良充筆頭副幹事長は26日の記者会見で、小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件を受け同党が設置した「捜査情報の漏洩(ろうえい)問題対策チーム」の報告書の発表時期について、「捜査に圧力をかけていると思われたくない。ある程度の捜査が終結したころを見計らった方がいい」と述べ、東京地検特捜部の捜査に一定の結論が出るまで見送るべきだとの考えを示した。

【関連記事】
「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見
鈴木宗男氏また検察批判「公平ではない」
小沢氏聴取 民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
「リーク記事しか書かないマスコミ」公安委員長が批判
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”

セグウェイ、特区で公道走行=前政権の却下案件も復活−政府(時事通信)
首相、29日に施政方針演説=3党国対委員長が合意(時事通信)
東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡(産経新聞)
6000食ど〜んと完売…丼サミットいしかわ(読売新聞)
企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で−前原国交相(時事通信)
[PR]
by okzqbcj3kw | 2010-02-02 18:30
 今月20日に大阪市生野区の路上で大阪府東大阪市渋川町の無職、高本照子さん(75)がひき逃げされて死亡した事件で、府警交通捜査課と生野署は27日、道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失致死の疑いで、大阪市東住吉区鷹合のアルバイト工員、呉守一容疑者(61)を逮捕した。府警によると容疑を認めている。

 逮捕容疑は、20日午後6時半ごろ、生野区の市道で、散歩していた高本さんを軽自動車ではねて死亡させたうえ、救護や通報をせずに逃走したとしている。

 府警によると、呉容疑者は「相手が死んだかもしれないと怖くなって逃げた」と供述。軽自動車はナンバープレートを外した状態で自宅近くの駐車場にとめてあったという。

【関連記事】
実況見分中の警官をひき逃げ 容疑の男を逮捕
無免許でひき逃げ容疑の男逮捕 上司一時身代わり「免許ある自分なら大丈夫」
ひき逃げ容疑者の写真取り違え放送、謝罪 日本テレビと札幌テレビ
「雪の塊かと…」お年寄りを24キロ引きずり死なせた左官逮捕 北海道
ひき逃げの日系ブラジル人を起訴猶予「自国で代理処罰受けている」

<訃報>小林治雄さん84歳=毎日新聞に「ヒトクチ漫画」(毎日新聞)
「だまされたふり」で摘発強化=2月に振り込め撲滅月間−警視庁(時事通信)
【健康】携帯で健康チェック(産経新聞)
小沢氏続投に意欲「信念貫き仲間と一緒に」(読売新聞)
伊藤博文の夜会メニュー展示=山口〔地域〕(時事通信)
[PR]
by okzqbcj3kw | 2010-02-01 16:46