研究系の38法人を統合へ、政府が仕分け方針(読売新聞)

 政府は10日、現在104ある独立行政法人のうち、研究開発などを行う38法人を統廃合した上で、「国立研究開発法人(仮称)」に移行させる方針を固めた。

 23〜28日に独立行政法人を対象に「事業仕分け」第2弾を実施するが、国家戦略として研究開発を主導するには研究開発関連の法人を一定程度、存続させる必要があると判断した。

 5月中旬にも決定する独立行政法人改革の基本方針にこうした方針を盛り込む。

 これに関連し、枝野行政刷新相は10日のさいたま市内での講演で、研究開発関連の38法人は「5から15くらいに整理できる」と述べた。

「県民に深くおわび」=不正経理問題で、神奈川県の松沢知事(時事通信)
<火災>親子3人が重体…事務所兼住宅焼く 川崎(毎日新聞)
<残業代>変形労働時間制認めず、支払い命令…元バイト提訴(毎日新聞)
議員立法ルール確立=政府が新組織で事前審査−民主(時事通信)
<橋下知事>府の教育人事権移譲…5市町へ、教委廃止も視野(毎日新聞)
[PR]
by okzqbcj3kw | 2010-04-13 09:25